旦那さんむけ

妻がいつもイライラ。じつは旦那は気づいていないやりがちな地雷行動3選。

Photo by Stephen Radford on Unsplash

家に帰るといつも妻がイライラしてる。どうしたら落ち着いてくれるのかわからない。会社でこんなグチをよく聞きます。

 

旦那サイドの話を聞くと『家に帰っただけでイライラしてるんだもん、きついよ。』と言われ、『うんうん、そりゃ大変だね。』とうなずきたくなるところです。

 

ですが、イライラするということは必ず原因があります。そこで、これまでのぼくの反省から思い当たるフシについて振り返ってみました。

 

じつは思いもよらないことであなたの奥さんにストレスを与えてるかもしれません。

 

そもそも育児中の奥さんの大変さを知っているか?

Photo by rawpixel on Unsplash

Photo by rawpixel on Unsplash

まずは、すべての根本にかかわるお話から。

 

あなたの奥さんがどれくらい疲れているかご存知でしょうか?

 

あなたの奥さんはあなたが想像するよりもずっと疲れています。これは断言できます。

 

これはぼくの独断と偏見による感想なのですが、産まれたばかり~幼稚園年少くらいの子供をマンツーマンで相手するということは、つねにダメ出しばかりする上司と2人で1日出張に行くことを、さらにきつくしたようなものです。

 

想像するだけでもうんざりしませんか?

 

小さい子どもはだいたい何をしてもイヤイヤ言います。これは上司のダメ出しとおなじようなことです。さらにきついことに、小さい子どもはイヤな理由をちゃんと言葉で説明できません

 

ですから、イヤイヤ=ダメ出しされてもどう対処していいかわからない、ということがたくさんあります。しかも一度かんしゃくを起こそうものならすぐにはやみません。予定通り家事が進まないことがたくさんあります

 

これはかなりきついですよ。

 

あなたの奥さんは、毎日こんな状態で、相談相手すらいないなか、家事までこなしてあなたの帰りを待っていてくれるのです

 

ですから、あなたの奥さんの精神的な疲労ははかりしれません。これを踏まえたうえで、地雷を3点ご紹介したいと思います。もちろん僕の反省です・・・

 

地雷を踏んでいる行動3選

疲れた顔で帰宅

Photo by Jorg Karg on Unsplash

Photo by Jorg Karg on Unsplash

うちに帰るなり、疲れきった顔をしていませんか?これは地雷をふんでいます。へたをすると仕事で疲れたことをアピールしているようにも見えてしまします。

 

『え?そんなこともダメなの?』。ええ、ダメなんです。

 

新婚時代のような『今日もおつかれさま、大変だったね』みたいな会話を期待してはいけません。上述のとおり育児につかれきっている奥さんがそんな反応できるわけありません

 

奥さんからすると、『ようやく旦那が帰ってきてくれた、これですこし落ち着けそう』と思っているはずです。

そんなところに、つかれきった旦那の顔をみると『なによ、私だって疲れてるのに・・・』と反応したくもなります。

 

また、せっかくつくってくれた食事を前に沈んだ顔をしていようものなら、『もう食べなくていい!』なんてことになりかねません。

 

『おつかれさま』という言葉は、奥さんにむけられるべきなんです。そして、できることからもくもくと家事をやっていきましょう。

 

ちなみに、『手伝う』という言葉も使うのをやめましょう。『家事手伝おうか?』ではなく、『なにやろうか?』のほうがいいです。

 

『手伝う』という言葉だと、本来は奥さんがやるべきことをやってあげている、という風にうけとれるからです。育児中はすべて共同作業ですよ

 

家事がおわっていないことを責めるような発言

Photo by The Creative Exchange on Unsplash

Photo by The Creative Exchange on Unsplash

家に着いたときにふと気づいたことをそのまま口にするのもいけません

『ん?今日は掃除してないの?』

『ご飯はお惣菜だけ?』

『洗濯物たたむのこれからなんだ?』

『まだお風呂わいてないの?』

 

たとえあなたに責めるつもりはなくても、もれなくすべて地雷をふんでいます。

 

上述のとおり小さい子どもがいると家事は予定通り進みません。それに、そもそも家事をやらなきゃいけないことなど奥さんは百も承知です

 

それなのに家事がおわっていないということは、『今日は相当大変な一日だったんだな』と察して、気づいたあなたがなにも言わずにやればうまくいきます

 

育児に注文をつける

Photo by Manuel Pena on Unsplash

Photo by Manuel Pena on Unsplash

最後の地雷です。

 

奥さんの子どもに対するやり方に上から目線で注文をつけてしまうことです。

これはサラリーマンのくせでやりがちです。とくに部下をもっている人ならなおさらです。

 

奥さん側からすると、『ほとんど家にいないあなたに何がわかるのよ!』と。

 

サラリーマンあるあるだと思いますが、

例えば、あなたがある業務を上司に説明したときにいろいろとダメ出しされたとします。このときあなたの頭の中では『なんだよ、なにも知らねえくせに!お前に言われたくないんだよ!』と思うことがありませんか?

 

これと全く同じ話です

 

ではどうしたらいいのか。

それは、自分で考えてみてください。あなたが会社の上司にどういうダメ出しをしてもらったらマシかということに近い話ですから。

 

終わりに

以上、ぼくの反省をふまえた地雷行動3選でした。

 

ここに書いていることは、ぼくもまだ地雷をふんでしまいます。それくらい旦那には意識しづらい点なんだと思います。

 

あなたも十分にお気を付けください。

 

また、冒頭にも書いていますが、これはぼくの男側の視点での意見です。ぜひ女性の方からのご意見おまちしております

 

それではー。