マネーリテラシー

【鍛えよう!】株の初心者むけ練習 |ゲームじゃなく単元未満株で実践あるのみ!

Photo by Church of the King on Unsplash

『株式投資、始めてみたいけど先延ばしになってるなぁ・・・』

あなたが一歩踏み出せない理由はもしかしてこんなことでは?

  • どの証券会社が選びきれない。口座開設がわからない
  • 株の取引きゲームはやったけど実践に行くきっかけがない
  • 何十万円も資金をもってなくてできない

ぼくも昔はそんな状態で、値上がりした株を眺めては『なんで買わなかったんだ・・・』と後悔ばかり。

そんな時に見つけたのが単元未満株。少額で始められる初心者おすすめの方法です。

単元未満株の手数料が最安!マネックス証券で株の練習を始めてみる

いまなら口座開設のキャンペーンでお得に始めるチャンス。いっしょに株の練習を始めて投資家としての一歩を踏み出しませんか?

単元未満株をおすすめする理由

  • 数万円という少額からはじめられるので家計への影響が少ない
  • 実践経験が得られるのでスマホゲームよりも経験値が高い
  • 対応可能な証券会社が限られているので、口座選びに迷わない

株の練習をゲームで行っても1円も稼げない。経験値も低い。

株式投資の練習をゲームで行うの方法もありますね。手軽に無料でできるので初心者には最適なようにも見えます。

トレダビ、カブステ!、たくさんシミュレーションゲームがありますが、ゲームは株取引の操作方法がわかるだけで一円も稼げませんここが一番の問題です

その他の点もまとめて、ゲームをおすすめしない理由は次のとおりです。

株の練習をシミュレーションゲームでやらない方がいい理由

  1. ゲームをやっても一円も稼げない
  2. ゲームを選びのに迷うというムダな時間が生まれる
  3. ゲームでは真剣さにかけるので経験値が低い
    (損をしないから)

自分のお金をつかうのとゲームで株式投資を練習するのでは、仕事に例えるなら、主担当と副担当の業務くらい経験値が違います。

実際ぼくの知人は『ゲームではうまくいったのに、お金を使ってやってみるとうまくいかない。全然感覚が違う』と言っているくらい。

ゲームでまったり練習する時間があるなら、少額でも実践にトライすることをつよくおすすめします。

株の練習は単元未満株で実践し、相場を肌で感じよう!

単元未満株とは少額から始められる取引で、初心者の練習用にうってつけです。

いきなり単元未満株の話をしてもわかりづらいと思いますので、まずは『単元株』という言葉について解説します。

単元株数について:

株はある程度の数量をまとめた形で取引され、この株がまとまった単位のことを“単元株数”といいます

通常100株単位で取引されるものがほとんど。

安いものだと1株200円×単元株数 100株⇒2万円で買えるものもありますが、1株1,000円以上する株も多く10万円を超える投資となってしまいます。

初心者で10万円以上投資するのは怖いですよね・・・

かるぼん
かるぼん
そんなあなたに単元未満株

単元未満株の取引では 1株単位で株を売買できます

つまり、上述の例では1株200円の銘柄なら200円から、1株1,000円の株なら千円から、好きな枚数だけ株を購入できるんですね。

10万円もあれば立派なポートフォリオを組めます!

ポートフォリオ

自分が保有している株の組み合わせのこと。一般的に、複数銘柄の株を保有している方が投資先が分散されているため、リスクが低いと考えられている。

例えば10万円でポートフォリオを組むには、2万5千円ずつ4銘柄などにする。

株の練習法としての単元未満株のデメリット

Photo by Ben White on Unsplash

少額で始められるというメリットがある単元未満株ですが、もちろんデメリットもあります。

単元未満株のデメリット① 通常株にくらべ手数料が割高

通常株の取引では、だいたい手数料は株価の0.1%程度です。一方、単元未満株の取引では、手数料が最安のマネックス証券でも0.5%と5倍かかります。

とはいえ、具体的な数字にすると最低48円から。
率は高いですが金額は小さいので、勉強代と考えれば気にならないレベルです。

株式投資に慣れて投資額が増えるまでは単元未満株で問題ないでしょう。

単元未満株のデメリット② 株主優待が受けられないものが大半

株式投資のお楽しみとして割引クーポンなどがもらえる株主優待という制度がありますが、単元未満株では株主優待がもらえません

株主優待が欲しい場合は単元未満株はふさわしくありません。

ちなみにぼくは株主優待狙いでは銘柄を選びません。優待がもらえたのに株が値下がりして実は損をしていた、なんてことはよく聞く話です。

株主優待などではなく会社の成長性をきちんと調べる方が低リスクでリターンを得やすい、というのがぼくの考え(記事へ)です。

★株主優待は不要という説

株式会社は、利益を株主優待ではなく自社の成長⇒株価アップへつなげるのが本来の考え方です。

実は株主優待というのは日本特有の制度。

似たようなもので株数に応じた利益として数%のお金(配当)が配られる『配当』というものがあります。

配当も株主優待も、もらえる方がいいですが銘柄選びではオマケのようなものです。

株の練習法としての単元未満株のメリット

Photo by Rae Tian on Unsplash

単元未満株のメリット① 少額からはじめられる

単元未満株の最大のメリットは少額から始められるという点です。

株式投資になれないうちは高確率で損(株の値下がり)を経験します。よほどのセンスの持ち主以外はしかたのないこと。

重要なのは、損をしたときのダメージをできる限り小さくすることです。

単元未満株は少額から始められるので、損をしたときのダメージを小さくおさえることができます。

単元未満株のメリット② 高額な銘柄でも取引しやすい

単元株数で購入する場合、数十万円や100万円以上のものまで、初心者が取引するにしては高額すぎて手が出ないものがあります。

かるぼん
かるぼん
衣服販売で有名なユニクロはなんと500万円以上も必要です。

ところが単元未満株の取引では、1株単位で取引できるので1万円程度のお金があれば好きな銘柄を選ぶことができます(高額なものだとユニクロなら約5万円)。

良い!と思ったものを迷わず変えるというのは重要なポイントです。

単元未満株のメリット③ 分散投資できる

資産運用のリスクをコントロールするためには、購入する銘柄を分散することがとても重要です。

★分散投資が良い理由

銘柄Aだけに10万円投資すると、銘柄Aが値下がりしたときのダメージがとても大きい。

そこで投資先を銘柄A,B,C,Dに均等に分散すると、2万5千円ずつの投資になるので、銘柄Aが値下がりした時のダメージが1/4になります。

もちろん値上がりの利益も薄れますが、株の世界には有望な銘柄たくさんあるので一つの銘柄にこだわり過ぎず分散するのがよい買い方です。

単元未満株は少額なので高額な銘柄も選択肢に入るため、分散投資に最適です。

単元未満株のメリット④ 注文方法が限定されている

この点をメリットととらえるかは意見が分かれるかもしれません。

そもそも株式の取引(注文方法)は成行と指値という大きく二つの形態があります(細かい点は省略)。

・成行(なりゆき):
値段を指定せずに購入/売却する方法。その日のうちに必ず売買が完了する。

・指値(さしね):
値段を指定して購入/売却する方法。その日のうちに売買が完了するとは限らず、指定した値段で売買が成立するまで待つ。

非常に大事な内容ではありますが奥が深く、たくさん勉強が必要なので初心者を遠ざける一因です

単元未満株では成行注文(値段の指定をしない売買)に限らるので、銘柄選びに集中できます

※繰り返しますが指値や成行などの注文方法を理解することは非常に重要です。単元未満株で取引に慣れたら通常株取引に移りましょう。

株の練習のためにおすすめのネット証券会社 3選

Photo by Aditya Vyas on Unsplash

証券会社はいろいろありますが、ぼくがおすすめするのは3つのネット証券会社です。

 

  1. マネックス証券
  2. SBI証券
  3. 楽天証券

口座開設のために必要な作業はどの証券会社も無料です。

今後のことを考えて一度にまとめて開設するのがおすすめ。僕もすべて口座開設して活用しています。

ではそれぞれ解説していきましょう。

株の練習におすすめの証券会社① マネックス証券(ワン株)

今でもぼくがメインで使用している証券口座がマネックス証券です(公式サイトへ)
もちろん単元未満株から始めました。

マネックス証券の単元未満株はワン株という名称で、単元未満株取引の中で手数料が最安なのがイチオシです!

また、初心者に優しいwebサイトで見やすいという点もおすすめポイント。

その他マネックス証券の強み弱みは次のとおりです

・単元未満株の手数料が最安値
・サイトが見やすい
・動画解説など初心者が勉強しやすい環境
・単元株の取引では手数料が最安ではない

いまなら取引手数料キャンペーン中【無料で開設】手数料最安のマネックス証券で株の練習を始める

株の練習におすすめの証券会社② SBI証券(S株)

単元未満株の取り引きが可能な証券会社として、2番目におすすめなのがSBI証券(公式サイトへ)

SBI証券の最大の特徴はIPO投資に強いという点です。

株の取引きに慣れてきたらぜひトライしてもらいIPO投資。なかなか投資するチャンスに巡り合えないのが実情です。

かるぼん
かるぼん
IPOの抽選ぜんぜん当たりませんな・・・

IPO投資:Initial Public Offering (新規公開株)

あたらしく株式市場にデビューする(上場。株式市場で取引可能になる)株に投資する方法。

上場時には株価が高確率で値上がりするため非常に人気が高く、購入の権利を得るためには抽選で当選しなければなりません。

複数の証券会社から抽選に応募できるので、当選確率を上げるためにも証券口座は複数もっておくことをおすすめします。

SBI証券がIPO投資に強い理由は独自のポイントプログラムがあるため。

IPO投資に申し込んで抽選に落ちた場合にポイントがたまり、次回以降のIPO抽選でポイントを使えば当選確率が上がるありがたい仕組みなんです。

その他の点も含め、SBI証券の強み&弱みをまとめると次のとおりです。

・IPO投資に強い
・単元未満株の手数料が2番目に安い(最安はマネックス)
・webサイトがすこし見づらい

IPO投資は抽選に外れてもポイントがたまります。IPOに挑戦するつもりならすぐにでも開設したほうがお得ですよ。

IPO投資に挑戦するなら今すぐ【すべて無料】SBI証券の口座を開設してみる

株の練習におすすめの証券会社③ 楽天証券

楽天証券は単元未満株は取り扱っていませんが、株の売買を行うための分析用ソフト(iSPEED)がとても使いやすいことが特徴です。

のちのち通常株を買う時にそなえ早めの口座を開設しておきたいところ。

口座開設の手続きは面倒なので、上でご紹介したものとまとめ手続きすることをおすすめします。

公式サイトへ

株の初心者むけ練習方法まとめ

いかがですか?これではじめの一歩を踏み出せそうででしょうか。

何事も行動しないことには変わりません。早速口座を開設して少額から株式投資を始めてみましょう!

口座を開設は1週間くらい待つ期間があるので、その間に本で勉強することをおすすめします。こちらの本がとても参考になりました。

【たったこれだけ】株の勉強本 初心者むけ厳選3冊。チャートもファンダも丸わかり。『株の勉強本をググっているんだけど、いろんな本がすすめられててよくわからない・・・』 いろんなサイトを見ても思い思いの本を紹介して...

考え方が理解できたら、早速銘柄をチェック

どんどん手と頭を動かして慣れていきましょう!

それでは!

いまなら取引手数料キャッシュバック

【無料で開設】手数料最安のマネックス証券で株の練習を始める

IPO投資に挑戦するなら今すぐ【すべて無料】SBI証券の口座を開設して株の練習を始める