マネーリテラシー

クレジットカード払いでラクラク家計簿。マネーフォワードは超便利なアプリ!!

Photo by rawpixel on Unsplash

節約のためにはまず家計を把握することがとても大事。でも、手書きの家計簿をつけるのは面倒くて続かないですよね。

ぼくもエクセルで家計簿をつけてみたものの1ヶ月しか続きませんでした。どうにか簡単に続ける方法がないものか・・・

そんなときに見つけたのが家計簿アプリのマネーフォワード。一度情報を登録すれば面倒な手続きなしに毎日の支出をチェックできます。

 

家計簿マネーフォワード
家計簿マネーフォワード
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

マネーフォワードはこんなに便利

f:id:hnful:20180907231838p:plain

マネーフォワード(以下、マネフォと記載します)とはスマホの家計簿アプリです。

 

クレジットカードや銀行残高とマネフォアプリを連携させることで、スマホで一元的に管理することができるようになるため、ノートやエクセルを使った家計簿の作成のわずらわしさから解放してくれます

 

具体的な良い点は次のとおりです。

買い物情報を自動取得するのでレシートがいらない

f:id:hnful:20180908001059p:plain

上の写真はクレジットカードと連携して自動取得した我が家の食費推移です。

 

手書き家計簿やエクセルでお金を管理する場合は、定期的にレシートの内容を転記する必要があります。財布の中でレシートがグチャグチャになったり失くしてしまうおそれがあるなど、管理がとても面倒です。ぼくが家計簿を断念した理由です。

 

しかし、このマネフォでは、クレジットカードと連携させることで支払いデータを簡単に取り込むことができるので、紙のレシート管理が不要になります。

 

食費や衣服代などの費目の仕分けは、連携したクレジットカードの明細名からアプリが自動判定してくれます。仕分けに間違いないか確認する程度なのでほとんど手間いらずです。

 

仮に仕分けに間違いがあった場合でも、アプリが修正した内容を学習するので使うほど仕分けの精度が高まります。

 


レシート不要なのはクレジットカード支払いがメインの場合です。現金支出が多い場合は手間をかける必要があります。ぜひクレジットカードメインの生活になりましょう。

 

クレカや銀行残高などのお金の出入りが簡単にわかる

 (左:クレカ情報の実例、右:銀行口座情報の実例)

 

クレジットカードの支払情報をアプリ上で確認できます。web明細等にアクセスしなくても確認できますので、サイト確認の手間がなくなります。

 

また、銀行明細情報を自動取得してくれます。同じくweb確認がいらず、通帳記帳のために銀行に足を運ぶ必要もなくなります。振込と引落としのバランスが容易に把握できます。

 

このように自動で簡単に確認できるからこそ、『今月は使いすぎたから出費を抑えよう』といった行動につながります

 

家計簿や資産残高が一目瞭然


(左:家計簿の画面、右:資産総額の画面)

 

これまでに説明したデータが家計簿や総資産として集計されます今いくらのお金をもっているのか、今月の収支はいくらか、をぱっと見で把握できるようになります。

気になる部分は簡単な操作で内訳を確認できるので家計管理がとても楽チンです。

 

また、毎日の家計に関する情報だけでなく、株式などの資産運用口座とも連携して資産総額として一覧表示することができます

 

ちなみに無料アカウントの場合は過去1年分の家計簿データをトレンドで見ることができますので、今の支出が過去にくらべてどうのかも比較できます。

ぼくは毎月のおおざっぱな予算を決めています。

マネフォのおかげで知りたいときにすぐに自分の家計資産を見ることができるので、予算を超えそうになった際にブレーキ役になるなど、バツグンの節約効果を発揮しています。

ぜひ一度ためしに使ってみてください。

 

 家計簿マネーフォワード

家計簿マネーフォワード
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

アプリをDLして使い始めたら

最後に実際に使い始めた後のコツをお伝えします。

必ず振替機能を使ってください。

 

振替機能とは、連携している口座⇔口座のお金の移動の相殺や、口座とクレジットカードで二重に支払いしたことにならないように調整する機能です。

 

一度簡単な振替の設定をしてしまえばマネフォが学習するので、以降は自動設定してくれます。

 

今回はまだアプリをもっていない前提の記事なので説明は省略しますが、実際に使い始めた際にはぜひチェックしてみてください。

 

公式サイトに詳しい説明がありますのでご参照されてください。

さあ、あなたもすぐに節約生活を始めましょう!!!

それでは。