マネーリテラシー

教育費の不安解消方法。 子どもに自分で払ってもらうか、資産運用でふやすか。

Photo by Ben Mullins on Unsplash

『子どもの教育費が不安』。こんな記事がネット上ではあふれています。たしかにかわいい子どものために、親である自分たちで必要なお金を準備してあげたいと思うのは自然なことだと思います。

 

でも本当に全てを準備してあげる必要があるのでしょうか?ほかにもできることがないか考えてみませんか。

 

子どもの教育にかかるお金

photo AC

少し古いデータですが、株式会社ベネッセのまとめによると大学卒業までにかかる教育費は以下の通りです。

・高校卒業まで  およそ 500~ 700万円
・大学卒業まで  およそ 1,000~1,500万円 ※一人暮らしは約350万円追加

 

つまり、大学卒業のためには高校卒業の倍以上のお金が必要ということです。

 

これだけを見ると『大学までいかせるのはきつい・・・』と思うでしょう。

 

でも、こう考えるとすこし不安が和らいできませんか?

親として準備するお金は高校卒用まで、大学に行きたいなら自分で払ってもらおう。

 

プロフィールでご紹介しているとおり、ぼくが大学を卒業できたのは奨学金のおかげです。また、出費を抑えるためにとんでもなくぼろい寮生活にたえたからです。アルバイトで生活費を稼いでもいました。お金がなかったですから。

 

ぼくはまだマシなほうで、寮生活で出会った中には親に仕送りをしながら大学に通っている人すらいました。

 

本当に大学に行きたいなら自分の力でなんとかなるものです

 

大学が必要か子どもが自分で考えられるように育てる

Photo by Joseph Gonzalez on Unsplash

Photo by Joseph Gonzalez on Unsplash

大学では楽しいことがたくさんまっていますが、もちろん本来の目的は遊ぶことではありません。

奨学金を借りたり、ボロボロな家に住んでまで行きたい理由があるのか、将来子どもがやりたいことに大学進学が絶対に必要なのか、子ども自身が真剣に考える必要があります

 

ちなみにぼくは奨学金を借りていて、毎月2万円くらいずつの返済が50歳くらいまで続く予定です。独身ならどうにかなりそうですが、結婚して子どもが生まれ家を買う、というあたり前の生活をおくる上ではとても大きな金額です。

 

そんなことを将来あなたのお子さんが自分で考えられるように、今のうちから自分のことを自分で考えさせる訓練を始めましょう

 

例えば、

・危ないこと以外は子どものやることになすことに口をださない。

・忙しくても子どもの声に耳をかたむける。

など、子どもの自主性を伸ばすことが重要です。ただ、これはとても難しいことです。

 

子育てに真剣だからこそいろいろなことに口を出したくなってしまいます。子供の将来を思い、すこしずつ口を出さないように自分を抑えていきましょう。

 

それでもやっぱり子どもには苦労をかけたくないなら

Photo by Juliane Liebermann on Unsplash

Photo by Juliane Liebermann on Unsplash

やっぱり親としては子供に苦労をかけたくない。その方法はひとつしかありません。十分なお金をもっておくことです。

 

まず必要なのは、あなたの家のお金のバランスを知ることです。

こちらの記事でご紹介していますが、保険代理店でバランスシートを作成してもらうことをおすすめします。

自作することもできますが、ものすごく時間がかかります。保険に加入する必要は一切ありませんので、遠慮することなくプロにお任せしましょう。

 

そして、今の給料を少しずつ積み立てていけば足りるのか、それとも何かの方法で増やさないといけないのか、その結果をよく整理しましょう。

 

もし増やす必要があるなら資産運用が必要という方法があります。まずはNISA口座の開設からはじめてみてはいかがでしょう?

NISAってなに?という場合はこちらの記事をご参照ください。ごく簡単に説明しています。

 

それでは。