夫婦むけ

【必須】育児を助ける時短家電のおすすめ3選!

小さい子どもがいると何をやるにしても時間がありませんよね。今回は時短のためにこれまでぼくが実際につかってきた家電のうち、本当におすすめするものを3つご紹介します。

 

けっして大げさにいうわけではありませんが、圧倒的な効果で生活が一変しました。ぼくはこの3つを育児の時短家電3種の神器と呼びたいと思います。

 

はじめは絶対に食洗器!

photo AC

これからおすすめする3つのなかでも、はじめに買うことを強くおすすめするのが食洗器です。小さい子どもがいる家庭には標準装備としてそなえつけておくべきだと思います。

 

例えばこんな経験ありませんか?

あなたが流しでお皿を洗っていると、突然子供が大泣きする声。早くそっちにいきたいけど手は泡だらけ。超特急で手を洗い、タオルでふくこともできず濡れた手のまま大慌てで様子を見に・・・

 

あなたがもし食洗器を手に入れたなら、こんなことは二度と起こりません。簡単な操作だけで食器洗いが完了していまいます。

 

食洗器で必要な操作はたったこれだけです。操作には5分もかかりません

①食べ終わった後の食器をそのまま食洗器にいれる

②食洗器用の洗剤を投入する

③スタートボタンを押す

 

初めてわが家で使い始めたときには、いままでの家電の中で一番感動しました。最高に楽チンです。もう5年以上前から使い続けています。

 

では実際どんなものを選べばいいのか。それは一番大きいサイズのものです。

家電屋さんにいくとコンパクトタイプのものがすすめられるかもしれませんが、それではダメです。なぜなら小さいタイプではフライパンやお鍋が入りきらないのです。

あの最も面倒なフライパンが洗えないのです!

 

これでは食洗器を買った意味がぜんぜんありません。とにかく大きさにはこだわって、フライパンが洗えるものを選んでください。

 

また、食洗器には乾燥機能がついていますので手拭きする時間も不要になります。他にも、冬場の手荒れがなくなるなど、いいことづくめです。

ぼくは周りのご夫婦にもおすすめしていて、100%満足の声が返ってきていますよ。

 

 

 

ジャマにならないコードレス掃除機!

Photo by The Creative Exchange on Unsplash

Photo by The Creative Exchange on Unsplash

掃除中に子どもが近づいてきてコンセントやコードで遊び始めると掃除の手がとまりとてもイライラしますよね。

 

こんな悩みはコードレス掃除機が解決してくれます!

文字通りコードなし!、コンセント不要!

 

サッと取り出せてスイスイ掃除できるので掃除のストレスが激減すること間違いなし。子どもの食べかすも手軽にお掃除できて、部屋も清潔に保つことができます。

 

コードレス掃除機というとまずダイソンが思い浮かぶでしょう。我が家もダイソンを使っていました。結論から言いますとダイソンではないものを購入した方がいいです。

 

なぜなら重たいからです。コードレス掃除機で重要なのは重さです。

 

ぼくが購入する前、家電量販店の説明では『ダイソンは重たいですがヘッドが勝手に走ってくれるので重さを感じませんよ』と言われました。

デモ機を使ってみるとたしかにそのとおりでした。

 

ところが、実際に家で使って気づいたのですが、家の床にはいろんな障害物があるので掃除機を持ち上げて移動させる場面がたびたび登場するので、そのたびに重さがすごく気になります。

この話はコードレスじゃなくても同じ話なのでお分かりいただけると思います。

 

また、ダイソンはヘッドに部品がつまっているので先のほうが重く、持ち上げるときに余計に重く感じてしまいます(ヘッドが勝手に走るための部品)。

 

『いや、でも吸引力があるからダイソンがいい』と思うかもしれません。残念ながら吸引力はあまり期待しない方がいいです。

強弱の2つのモードがあるのですが、”強”で使っているとバッテリーがあという間に切れてしまいます。このため主に”弱”で使うことになるのですが、弱のときの吸引力は他社と同じようなものです。

 

そこでお勧めするのがマキタのコードレス掃除です。

軽くてとても使い勝手がいいです。業務用の掃除機でシンプルな見た目であり、重さはダイソンの半分以下。価格.comの口コミでも3位にランクインしています。

 

ダイソンよりも断然マキタをおすすめします

 

出かけている間にお掃除ロボ!

photo AC

出産前は毎日掃除機をかけていたけど今では週に1,2回くらい。子どものためにも本当はもっと掃除したい。そんな状態のあなたにはもってこいの家電です。

 

子どはちょっと目を離したスキにがどこからか小さいゴミを拾ってきて、口に入れて遊んでいることがありますよね。慌てて口から出させたはいいものの、ご機嫌ナナメで泣き続ける始末。

 

お掃除ロボがあれば大丈夫です。子どもと買い物や散歩にでている間にある程度ゴミを掃除してくれます。ここで”ある程度”と書いたのは理由があります。

 

お掃除ロボは日々能力が進歩しているものの弱点があります。部屋の四隅やテーブル脚元、スキマの掃除が苦手なので、このような範囲はあとで掃除機で吸い取る必要があります。

 

なので、コードレス掃除機とお掃除ロボの合わせ技でお部屋をきれいに保つことをおすすめします。

 

市販品のなかでも四隅に強いのはPanasonicのルーロです。ほとんどのお掃除ロボは丸形なのですが、このルーロだけは独特の三角形なので四隅の掃除も得意です。

 

まとめ

以上、これまでの僕の経験をもとに最もおすすめする時短家電を3つご紹介しました。自信をもってお勧めしますので、周りの方にも是非ご紹介してみてください。

 

 

それでは。