夫婦むけ

正直クソババアと元ブラック旦那の対談。夫婦の価値観の違いを学ぶ。

Photo by Harli Marten on Unsplash

タイトルがデスマッチのようになってしまっていますが(笑)、いたって健全な対談です。対談というと『徹子の部屋』みたいですね。気が散るタイトルなので、いったん忘れて記事を読んでいただけると幸いです。

 

対談のご相手は、『もうブラック旦那の我慢妻をやめようと思う』を運営されている自称正直クソババアこと”ちゃちゃこさん”です。

 

今回この対談でいろいろと学ぶことがありましたので、ぼくの視点からの印象に残ったことを記事にしてみました。

 

対談の内容はちゃちゃこさんのブログでまとめられていますので、気になった方はぜひご覧になってください。

 

たとえ夫婦でも敵のような関係になりえる

Photo by Richard Lee on Unsplash

Photo by Richard Lee on Unsplash

このお話が一番印象に残りました。敵ですよ、敵。夫婦なのに

こんなことになり得るのかと、とても驚きました。

 

こうなってしまうと、たぶん子どもがいる間だけ表面上は仲がよい夫婦を演じて、子どもが巣立つころには熟年離婚になってしまうんじゃないかと想像されます。

 

一人のこされた旦那の姿を想像すると絶望しかありません。人間関係は本当に難しいんだと再認識しました。

 

途中でどちらかが歩み寄らないと修復できないわけですが、次のコメントでさらに衝撃を受けました。

 

 

一度ミゾができてしまうと、なかなか修復できない。

Photo by Kristopher Roller on Unsplash

Photo by Kristopher Roller on Unsplash

たとえ歩み寄ってもなかなか修復できないと。いったいどうすれば関係を修復できるのでしょうか

 

元ブラック旦那の身分から言わせていただくと、男はたぶん『最近ずっと怒ってんなー。そのうちおさまるだろ』くらいにしかとらえていないと思います。

 

世の中の旦那さん、これが現実らしいです。

 

たまたま良い例をみつけました。こちらのツイートの反響がまさに女性の気持ちを表していると思います。

なんと1万”いいね”を超えてます

 

 

このツイートを見て、ぼくも次女が産まれる直前に同じようなことを会社の先輩に言われましたことを思い出しました。

 

10歳くらい上の先輩だったんですが、 『子どもが産まれたら、直後だけでもいいから頑張れ。あとで一生言われるぞ(笑)』と。なんだか哀しそうでしたが。

 

今思うと、ぼくが頑張れたのはこの言葉があったことも一因だった思います。

 

本当になにか修復する方法はないのでしょうか?女性のご意見をぜひ伺いたいです。

 

 

夫婦でも強がって甘えられないもの

Photo by Henri Pham on Unsplash

Photo by Henri Pham on Unsplash

これも難しい話です。本音を言ってくれていないということです。どうやったら強がらずに甘えてもらえるのか考えてもわかりません・・・

 

おそらく、うえに書いた『一度ミゾができると~』につうじるものだと思いますが、夫婦間のミゾができる前に、普段から本音を言い合える状態を作る必要があるということなんでしょう。

 

鈍感な男には難しい課題です。声に出してもらわないとわからないのですが、そんなことは言ってられません。

 

普段から会話がうまくできていることがとても大事だと分かりました。

 

 

女性には『自己犠牲が幸せという感覚』がある

Photo by Thought Catalog on Unsplash

Photo by Thought Catalog on Unsplash

ブラック旦那をささえている自分のことを、ある意味幸せと考える感覚があるそうです。男にはあまりない考え方です。

 

いわゆるダメ男が好きという感覚なのでしょうか???

 

もしかすると、この『自己犠牲が幸せ』という感覚と、一番はじめに書いた『夫婦は敵』という感覚が合わさって、よりいっそう複雑な気もちになっているのかもしれません

 

まとめ

この対談のつうじて、今まではまったく知らなかった女性の考え方を垣間見ることができました。

また、このおかげでブラック旦那とそれを我慢する妻の関係は、とても複雑なものということもわかりました。

 

これから発信していく情報が、すこしでも夫婦の関係修復に役立てるように頑張っていきます。

 

一方で、もっと女性の意見を聞きたいと思った対談でした。この記事を読んだご意見やご感想ぜひおよせいただければと思います

 

最後に繰り返しになりますが、

対談の内容はちゃちゃこさんのブログでまとめられていますのでぜひご覧になってください。

 

それでは。