時事ネタ

【ぐはっ、マズすぎ注意】サントリー ボストニックは最高にまずい。

先日、コーヒーを飲みました。なんと炭酸入り。

 

あなたは炭酸コーヒーを飲んだことがありますか?

もしないのならば、ぜひ、味を想像してみてください。

 

衝撃の味です。

タイトルのとおり不味いのは当然。

 

できればあなたにも、一度だけ、飲んでもらいたい。

そんな思いでこの記事を書いています。

 

ボストニックとの出会い

 

なぜぼくがこんな飲料を飲んだのかといいますと、自販機で売られていたからです。なんのことはありません。

 

コーヒー×炭酸の異色のコラボ。ボストニック!!

 

これは飲むしかないと思いました。

 

ただし、完全に味の想像を間違えていました・・・

”トニック”と書いてあったので、トニックウォーターのような味と思っていたんですね。

そこにフワッとコーヒーのいい香りがする、そんな想像をしました。

 

ということで自販機に110円を投入。

 

ボストニックさん、マズいやないかーい(笑)

Photo by MICHAEL FRATTAROLI on Unsplash

口に入れた瞬間、想像していた味からあまりにもかけ離れていたので、パニックになりました

『???。今何飲んでるんだっけ?』と。

 

『プリンに醤油をかけるとウニの味になる』と言われてやってみたら、全然違う味だった時と同じ感覚です。

意味わかりますかね?

 

簡単にいうと、マズい、です。

 

これが青汁なら『まず~い、もう一杯~』なんてセリフもあるんでしょうが、そんなセリフもかき消されるほど、マズい。

 

人生で初めて、口に含んだ飲料を流しに吐き捨てました。

 

 

まずいとはいえ、捨てるのがもったいないので頑張った

 

今回、この記事を書くためにわざわざ一本追加で購入しました(我が家で撮影しました)。

何度も繰り返しますが、あなたにも是非飲んでほしいです

 

 

さて、一度は吐き捨てたものの、まだ9割は缶に残っています・・・

さすがにこれを捨てるのは気が引けるました。

 

そこで飲み方を工夫してみました。
※以下の写真は会社で購入した当時の状況を、自宅で再現したものです。

 

検証 ボストニックをお椀にだすとどうなるか?

大気と接触させることでコーヒーの香りを拡散させることが狙いです
※当時は自販機が社員食堂にあったお椀を拝借。↑は自宅で再現

 

トク、トク、トク・・・

シュワ~

 

~3分ほど放置~

 

周囲がコーヒーの香りに包まれました。これはいい匂いでした。

狙いは成功です。

 

 

 

ゴクリッ・・・

 

まずいッ・・・!

やっぱり不味い!!!

 

残念なことに何一つ変わりません。

よく、『鼻をつまんで物を食べると味がわからない』と聞くので、香りが拡散されればマシになるかと思いましたが、完全に誤算でした。

 

あまりに不味いと、香りは味に影響しなくなる

 

 

そしてはじまる、まずい祭り

飲み切れず一人寂しく往生していると、ありがたいことに後輩軍団がやってきました。

 

後輩A 『あれ?かるぼんさん何やってんすか?』

私  『おお、いいところに来てくれた。これ飲んでみてくれ』

後輩A 『ん?なんすかそれ?』

私  『おいしいよ。飲んでみて』

後輩A 『ちょ、何言ってんすかw?その言い方ぜったいにまずいでしょwww』

私  『うん、でも飲んでみてくれ。いいから』

後輩A 『www。しょうがないっすねー。ちょっとだけっすよw』

 

ゴクゴク

 

後輩A 『キターー!!(織田裕二 『キター!』風)』

後輩A 『不味いい、チョー不味いい(北島康介『ちょーきもちいい』 風)』

後輩A 『マズイィーーー!!!(庄司『ミキティーー!』 風)』

 

一通りやりつくした後で。

 

後輩A 『なんすかこれwww!!チョー不味いっすよwww』

ぼく 『ボストニック。』

後輩A 『いや、名前言われてもわかんないですwww』

ぼく 『コーヒーと炭酸の混ぜ物』

後輩A 『そんなん、旨いわけないじゃないですかwwwなんで買ったんですかwww』

 

 

後輩B 『あれ?二人で何やってるんですか?』

後輩A 『いいところに、キターー!!(織田裕二 風)』

後輩B 『テンション高いですね(笑)。何やってるんですか?』

後輩A 『良いからこれ飲んでみろよwww』

 

後輩B『グイッ』

ツカツカ・・・

後輩B『ペッ!!』

 

後輩A 『ちょ、お前吐き出すなよwww。はやいよwww』

後輩B『いや無理ですよ。これ。』

後輩B『なんですかこれ。』

ぼく 『ボストニック。』

後輩B『えぇ?』

ぼく 『ボストニック。』

後輩B『・・・』

 

立ち去る後輩B

 

後輩A 『怒ったwww。かるぼんさんひどいwww』

私  『俺は悪くない。こいつが悪いんだ。』

後輩A 『こいつってwww。なんでしたっけ?』

私  『ドボストニック。』

後輩A 『マズイィーーー!!!(庄司『ミキティーー!』 風)』

 

祭り終了。

 

飲料が開発される過程を調査してみた

 

飲料の商品開発について簡単に調べてみました。なぜこんなものが生まれたのか気になったためでエス。

 

こちらのインタビュー記事を参考にさせていただきました。
※サントリーではなく、アサヒ飲料の方のインタビュー

・企画立案  3カ月前後
・試作品作り 6ヵ月前後

試作品数は30-40。かつ、多くの人で試飲する

 

一般的な商品は、これほど周到に準備されて世に送り出されているそうです。

 

にもかかわらず、ですよ。

ぼく自身をふくめ、100%の人間が、『マズい』と言っています。

 

謎はさらに深まりました。

自分の感覚がおかしいのかと思い、市場の声を調査しました。

 

感想ツイートを調査

圧倒的な”まずい”報告。

ツイッターで”ボストニック”と検索をかけてみてください。

 

以下、抜粋です。

怒りの声まででています

 

なんと、はやくも自販機から消えかけているそうです。

飲むならお早めに。

 

 

ボストニックとの出会い まとめ

以上いかがでしたでしょうか。

 

全て事実に基づいており、本当にまずい飲み物です。

一生に一度の機会としてぜひ飲んでみてください。

 

まずいですから。

 

ダラダラ書きましたが、まとめると以下です。

 

ゴクゴク・・・

 

 

マズイーーーー!!!!

 

 

それでは。